道路法に基づく様々な制限の緩和申請や、並行輸入、通行許可書、連結検討など特殊車両の通行許可に関して皆様を強力にサポート

旅客自動車運送業許可

一般貸切旅客自動車運送事業

 いわゆる貸切バスの許可
 大型バスが入れば5台以上から、中、小型バスであれば3台以上から
添付書類
  1. 事業用自動車の運行管理の体制を記載した書類
     
  2. 運行管理者及び整備管理者の資格を証する書面
     
  3. 事業の開始に要する資金の総額及びその資金方法を記載した書類
     
  4. 事業の用に供する施設の概要及び付近の状況を記載した書類
    イ 施設の案内図
    ロ 都市計画法等関係法令に抵触しないことの書面
    ハ 施設の使用権限を証する書面
    ニ 車庫前面道路の幅員証明書
    ホ 計画する事業用自動車の使用権限を証する書面
    ヘ 利用する運送事業者との運送に関する契約書・・・利用運送をするとき
    ト 貨物の保管施設の面積、構造及び附属設備を記載した書類・・・特別積み合わせをするとき
     
  5. 既存の法人にあっては、次に掲げる書類
    イ 定款又は寄付行為及び登記簿謄本
    ロ 直近の決算書
    ハ 役員又は社員の名簿及び履歴書
     
  6. 法人を設立しようとするものにあっては、次に掲げる書類
    イ 定款又は寄付行為の謄本
    ロ 発起人又は設立者の名簿及び履歴書
    ハ 設立しようとする法人が株式会社である場合は株式の引受けの見込みを記載した書類
     
  7. 個人にあっては、次に掲げる書類
    イ 資産目録
    ロ 戸籍謄本
    ハ 履歴書
     
  8. 欠格事由にあたらない旨を証する書類

他に運送管理規程、運転手の免許証写し、運転手、運行管理者、整備管理者の就任承諾書等が要求されることがあります。

一般乗用旅客自動車運送事業

添付書類
  1. 事業用自動車の運行管理の体制を記載した書類
     
  2. 運行管理者及び整備管理者の資格を証する書面
     
  3. 事業の開始に要する資金の総額及びその資金方法を記載した書類
     
  4. 事業の用に供する施設の概要及び付近の状況を記載した書類
    イ 施設の案内図
    ロ 都市計画法等関係法令に抵触しないことの書面
    ハ 施設の使用権限を証する書面
    ニ 車庫前面道路の幅員証明書
    ホ 計画する事業用自動車の使用権限を証する書面
    ヘ 利用する運送事業者との運送に関する契約書・・・利用運送をするとき
    ト 貨物の保管施設の面積、構造及び附属設備を記載した書類・・・特別積み合わせをするとき
     
  5. 既存の法人にあっては、次に掲げる書類
    イ 定款又は寄付行為及び登記簿謄本
    ロ 直近の決算書
    ハ 役員又は社員の名簿及び履歴書
     
  6. 法人を設立しようとするものにあっては、次に掲げる書類
    イ 定款又は寄付行為の謄本
    ロ 発起人又は設立者の名簿及び履歴書
    ハ 設立しようとする法人が株式会社である場合は株式の引受けの見込みを記載した書類
     
  7. 個人にあっては、次に掲げる書類
    イ 資産目録
    ロ 戸籍謄本
    ハ 履歴書
     
  8. 欠格事由にあたらない旨を証する書類

他に運送管理規程、運転手の免許証写し、運転手、運行管理者、整備管理者の就任承諾書等が要求されることがあります。

介護タクシーの許可申請とは

 平成16年東北運輸局より新たな審査基準が制定され、以前より介護輸送サービスの範囲が緩和されました。

さらに国土交通省と厚生労働省より介護輸送に係る取り扱いの方針が平成16年3月に出され、訪問介護サービス等に連続して移送を行う場合は、道路運送法上の許可(一般乗用旅客自動車運送事業許可、特定旅客自動車運送事業許可)を求めることとし、平成18年4月からは無許可で輸送を行う業者については介護報酬の対象にしないということになりました。

道路運送法上の許可

一般乗用旅客自動車運送事業許可・・・いわゆるタクシーの営業許可 

地域によって若干違うが原則5台以上から

特定旅客自動車運送事業許可・・・運送需要者を限定 例えば病院、介護認定者を会員とするグループなど(1台から)

一般乗用旅客自動車運送事業「患者輸送限定」・・・・「患者輸送限定」としたタクシーの営業許可(1台から)

酒田スワンタクシー

介護輸送サービス(「患者輸送限定」としたタクシーの営業許可)についの説明

  1. 介護輸送サービスの対象となる旅客
    車椅子、ストレッチャーを必要とする患者のみ限定
          ↓
    ① 要介護者・要支援者
    ② 身体障害者
    ③ 身体不自由者、内部障害(人口透析患者)、精神障害、知的障害等により単独での移動が困難な方、単独では公共交通機関を利用することが困難な方
     
  2. 介護輸送サービスに使用する車両
    ① 車椅子、ストレッチャーのためのリフト、スロープ、寝台等の特殊な設備を設けた自動車又は回転シート、リフトアップシート等の乗降を用意にするための装置を設けた自動車のみ
    ② 1によらず、介護福祉士若しくは居宅介護員若しくは居宅従業員の資格を有する者又は社団福祉法人全国乗用自動車連合会等が実施するケア輸送サービス従業者研修修了者が乗務することでセダン型車両も可能になりました。(若干、改造等が必要になる場合もあります。)
    ③ 車両数が2台から1台で申請ができるようになりました。
    ④ タクシーメーターを使わなくてもよく、かなり自由な運賃設定が可能となります。
      例えば、30分 1000円、  15分後とに500円とか

★一般乗用旅客自動運送事業、特定旅客自動車運送事業の二種類があり、どちらかの許可申請をなし、許可がおりれば、自家用自動車有償運送の許可申請を行うことも可能となります。

あんず福祉タクシー