道路法に基づく様々な制限の緩和申請や、並行輸入、通行許可書、連結検討など特殊車両の通行許可に関して皆様を強力にサポート

仙台に許可証をとりにきてます

午前中に東北運輸局からダンプセミトレーラーと37トン積載の単体物輸送用のセミトレーラーの緩和がでたという連絡と、宮城県庁に8月14日出した産業廃棄物収集運搬業の許可がでたという連絡がきたので、3時過ぎのバスで仙台にきました。今か今かと待っていたものなので早く出てホッとしました。
震災後宮城県庁への産業廃棄物収集運搬業の許可申請か激増し、許可まで2月待ちです。申請の予約も1月以上先しか入らないのですが、今回はお盆で空いてたのでラッキーでしたo
ダンプセミトレーラーは土砂を運ぶとのこと。
セミトレーラーは積載量が37トンなので通行許可をとるのも大変ですね。
フル積載で夜間の通行許可、22トン位で24時間走行の通行許可と2つ取らなければだめですね。
ダンプセミトレーラーと違い、これは2年ごとに継続緩和の認可申請をしなくてはいけないのです。その際は通行許可証も添付しなければいけないので、35トンの積載で走ってる実績がなければ、こんなに積載はいらないということで減トンされる可能性が大です。ここが継続があるセミトレーラーのむずかしさです